補完医療の可能性を追求するフランDグルコースの研究 全分子フコイダンエキスのシンゲンメディカル株式会社

第76回日本癌学会学術総会

第76回日本癌学会学術総会において、シンゲンメディカル株式会社 札幌研究所 所長 高橋延昭より、昨年に引き続き「フランDグルコース」の構造解析と作用解明に関する論研発表がおこなわれました。

第76回日本癌学会学術総会

2017年9月28日から9月30日の3日間、神奈川県のパシフィコ横浜において第76回日本癌学会学術総会が開催され、弊社、シンゲンメディカル株式会社 札幌研究所 所長 高橋 延昭より、昨年に引き続きフランDグルコースに関する研究論文の発表をおこないましたことをご報告いたします。

本年の発表では、札幌医科大学医学部 病理学第一講座との共同研究により昨年より取り組んできた、「フランDグルコース」の抗腫瘍活性物質の分離・特定と構造解析の結果特定した「加熱グルコースからある重縮合化合物(フランDグルコース)への遷移過程に出現するフルフラール配糖体」について報告されました。

今後も引き続き札幌医科大学医学部 病理学第一講座との共同研究により、この「フランDグルコースへの遷移過程に出現するフルフラール配糖体」の抗腫瘍活性の特定と構造解析を、さらに札幌研究所では「フランDグルコース」の腸内細菌叢への影響を確認してまいります。

第76回日本癌学会学術総会 発表データはこちらからご確認いただけます。


第76回日本癌学会学術総会

第76回日本癌学会学術総会

第76回日本癌学会学術総会

第76回日本癌学会学術総会

当サイトについて
医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する成分情報を掲載しています。
フランDグルコースの摂取に際して
フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。

また、一般の食品と同様に皮膚症状、呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状などの副作用やアレルギー反応、これに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。