補完医療の可能性を追求するフランDグルコースの研究 全分子フコイダンエキスのシンゲンメディカル株式会社

その他のがん利用者からの症例報告

このページではフランDグルコース配合食品を1日に3包、3カ月間経口摂取したモニター結果を順次公開しています。


フランDグルコースの摂取に際して
フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。

また、一般の食品と同様に皮膚症状、呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状などの副作用やアレルギー反応、これに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • すい臓がん
  • 腎臓がん
  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 肝臓がん
  • 悪性リンパ腫
  • その他
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 肺がん
  • すい臓がん
  • 腎臓がん
  • 子宮がん
  • 乳がん
  • 肝臓がん
  • 悪性リンパ腫
  • その他
その他のがん フランDグルコースモニター報告

膀胱がん利用者からの症例報告/2018年10月12日

報告者82歳 女性
がん種膀胱がん
ステージステージ4
診断2017年10月に発症。初回のがん。
膀胱がん、転移なし、ステージ4。
症状 常に体腰痛、足のしびれ。足腰が重い。
病院治療 外科手術、放射線治療
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

とても飲み易かったです。CTではガンの大きさに変化がありませんでした(3ヶ月間進行はしておりませんでした)


前立腺がん利用者からの症例報告/2018年10月6日

報告者64歳 男性
がん種前立腺がん
ステージステージ2
診断2018年6月に発症。初回のがん。
前立腺がん、転移なし、ステージ2。
症状 常に体がだるく、疲れる。重く感じる。
病院治療 外科手術
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

私はフランDグルコースのモニターに採用させて頂き、人生まだまだ頑張らなければと、強い気持ちになりました。
私は、朝、昼、晩、3回の飲用。飲むたび癌と戦ってくれているんだなと、強い味方を手に入れた気持ちでいっぱいです。
とても口当たりが良く、毎日楽しみながら飲用していました。
手術が早く出来たのも、薬とフランDグルコースの賜物と日々考えております。
誠に感謝申し上げます。

現在闘病中の方へのアドバイス

今年、1月PSA高値の私。4月下旬から精密検査を行い、6月中旬に、前立腺癌である事が判明する。
私はフランDグルコースのモニターに採用させて頂き、病院の薬とフランDグルコースの飲用でPSA値が粗3ヶ月で8.88ng/mL下げる事が出来ました。主治医の先生から下がる反応が良いと言われました。私は薬とフランDグルコースとの相乗効果と考えています。私には強い味方になりました。
癌に不安をおもちの方、ぜひフランDグルコースを飲用してみて下さい。


前立腺がん利用者からの症例報告/2018年08月24日

報告者72歳 男性
がん種前立腺がん
ステージステージ4
診断2018年に発症。初回のがん。
前立腺がん、骨盤骨、背骨、右鎖骨、左第七肋骨に転移、ステージ2。
症状 少々けだるい以外は特に何もなし。頻尿、一日に10回、特に夜は3回位。
病院治療 具体的には5月22日にすべての検査データがそろい、ステージ4の前立腺ガンの告知を受け、その日から治療が始まる。その2週間前にはガンが分かったのでホルモン剤を飲み始める。5月22日にリュウーピリン注射(今後は月一回の診察に毎回受ける予定)、カソデックスOD錠80mgとユリーフ錠4mgを毎日服用する。
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

5月初旬に癌が診断されて以来服用しています。とても飲み易く、味もよく、携帯して外で飲むことの苦にならず、欠かすことなく服用できています。
症状もとても軽くなり、夜中3、4回だったトイレ通いも一回になり、睡眠がゆっくりとれるようになりました。昼間の外出もトイレを気にすることなく出来、数年前からの体のしんどさが無くなり、むしろ癌になって治療をする様になって生活は快調になりました。
通院で注射、ホルモン治療はしていますが、私はフランDグルコースのお陰と信じて疑いません。
まだ画像での確認はしていませんが、癌が縮小しているのを、体で感じています。
本当にフランDグルコースに巡り合ってよかったと喜んでいます。ありがとうござます。

現在闘病中の方へのアドバイス

何より服用しやすいので続けるのが全く苦にならない。私はフランDグルコースのお陰で今のステージ4にも関わらず快適な生活を送れていると感謝しています。先が見えなくなった状況の方にぜひぜひお勧めします。


前立腺がん利用者からの症例報告/2018年06月13日

報告者67歳 男性
がん種前立腺がん
ステージステージ2
診断2018年2月に発症。初回のがん。
前立腺がん、転移なし、ステージ2。
症状 腰痛以外特になし
病院治療 外科手術
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

術後は痛み、便秘気味。尿の回数が増したが、徐々に回復に向い、尿もれはほとんどなく、術後の1ヶ月検診の採血の結果、PSAの数値が異常に低く先生が優秀だと絶賛。これもフランDグルコースのお陰だと思います。飲みやすく、心の支えになりました。

現在闘病中の方へのアドバイス

是非試してみる価値はあると思います。


小腸(回膓)がん利用者からの症例報告/2018年01月23日

報告者59歳 男性
がん種小腸(回膓)がん
ステージステージ4
診断2016年12月に発症。初回のがん。
小腸(回膓)がん、腹膜播種、リンパ節、虫垂腫瘍に転移、ステージ4。
症状 消化器外科での先週末(10月13日)の腹腔鏡手術後の経過は良好(明後日10月21日退院決定) →回盲部切除、右半結腸切除、リンパ節郭清 →但し腹膜播種に関しては大網の一部切除だけで残りは放置せざるを得ない結果に終わりました 11月10日~抗がん剤治療開始が決定(消化器内科、外来化学療法センター)
病院治療 外科手術 抗がん剤などの化学療法
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

治療に残された時間も少ない中で、迷わずこの製品を選ぶことができ、大変心の支えになりました

現在闘病中の方へのアドバイス

ステージ4という深刻な事態に、抗がん剤治療をはじめ様々な統合治療を模索している中で、フランDグルコースは大変心の支えになりました。


その他のがん利用者からの症例報告/2017年07月20日

報告者 70歳 男性
がん種その他のがん 右副鼻腔低分化扁平腫瘍
ステージステージ4
診断 右副鼻腔低分化扁平腫瘍、2014年10月に発症。初回のがん。
ステージ4。 転移あり、肺3カ所、骨背2、骨肋1、骨腰椎部2
症状 原発癌は手術、その後放射線治療、6か月後のPET-ctにて転移が判明、その後抗がん剤治療3COOL(5FU+シスプラチン+アービタックス)肺の一つが消滅。その後腫瘍がおおきくなったのでタキソテールを7COOL耐性の為。TS-110COOLに切り替えるも同じく耐性となり、セカンドオピニオンで転院し肺2か所を外科手術で切除。その後腰椎部の痛みが起こりMRI撮影にて神経圧迫のためと判明。現在は抗がん剤カルボプラチン+タキソテール治療を受診中。
病院治療 外科手術 抗がん剤などの化学療法 放射線療法
  • 開始前の検査開始前の検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の検査開始後の検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

初めに、臨床無料モニターにご選定頂き、お礼申し上げます。 最初に抗がん剤:3月7日開始、合計6クール点滴治療を受けました。 フランDグルコース:4月30日服用開始(服用前に3クール済)そのような経緯の中で3クール終了時に腰椎部の腫瘍70~80%収縮しており、抗がん剤の効果が素晴らしくその後の服用でしたので効果についてはどちらとも言えないとの評価とさせていただきました。 ただ、抗がん剤の耐性を数度繰り返しておりましたので抗がん剤の効果がなくなった時点での腫瘍を兵糧攻めにして大きくしない新しいサプリメントの効能に期待し服用開始しましたので大変、気持ちにゆとりを持つことが出来ました。

現在闘病中の方へのアドバイス

感想の項目でも報告致しましたが抗がん剤耐性後の腫瘍を兵糧攻めにして大きくしない効能は他の治療方法を補完しますので小職の様な状態の患者には精神的に安心感が持てます。

フランDグルコースについて フランDグルコースについて


その他のがん利用者からの症例報告/2017年06月01日

報告者 69歳 女性
がん種原発不明がん
ステージ-
診断 原発不明がん、2016年12月に発症。初回のがん。
腹膜播種、胸膜播種、腹部リンパに転移あり。
症状 背中の痛み、微熱
病院治療 その他
  • 開始前の検査開始前の検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の検査開始後の検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

当初、原発不明がんと診断され、インターネットなどで調べると余命2,3か月という情報だったので免疫細胞療法などの治療を検索調べているときにフランDグルコースに巡り合えて本当に良かったと思います。 最後の砦でDNA検査でがん細胞の由来が判明すれば化学療法の薬剤が効果の発揮するものを選定できるとドクターに言われましたのでがん細胞のDNA検査手術をしDNA検査で卵巣由来のがん細胞と判明。 化学療法の副作用も少なく、無事に1クール三回の3クールの治療が終わりました。 腫瘍マーカーCA-125も当初3800台とかなり高かったものが三か月後には、ほぼ正常値の38にまで減少。 余命3か月位だと覚悟していたので今では、キツネにつままれた感じです。 まだ、これから手術に後期化学療法が残ってますので安心は、できませんがフランDグルコースを飲用したことで心の支えにもなりましたし、病も気からというように癌を克服するという強い意志を持って治療できました。

現在闘病中の方へのアドバイス

今は、二人に一人が癌に侵されるという時代になりましたが癌も治療できる時代になってきたということから自分は、絶対に克服すると強い思いの中、フランDグルコースは、とても心の支えになりました。


その他のがん利用者からの症例報告/2017年05月11日

報告者 72歳 女性
がん種胆道がん
ステージステージ4
診断 胆道がん、2015年3月に発症。初回のがん。
ステージ4。 転移なし。
症状 胆道癌と診察されてからステントを入れ早い時は、一か月永くても三か月程度でステントの入れ替えを行っています。 ステント入れ替え直後は体調も良く通常の生活ができています。
病院治療 抗がん剤などの化学療法、その他
  • 開始前の血液検査血液検査前

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査後

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

開始後

食欲
ないある
排便
悪い良い
痛み
あるない
治療の副作用
あるない

フランDグルコースの感想

手術を希望しない状況で、本人は、わずかな望みに期待しながら毎日飲んでいます 病状は大きな変化はありませんが気力が出てきて日常を過ごしています。 継続して飲ませてやりたいのですが経済的に無理なことが残念です。 三か月間でしたが本当にありがとうございました。

現在闘病中の方へのアドバイス

手術を希望ない状況で本人にはかなりの支えになっていたと思います。 手術は、本人の希望で受けていませんでしたが、現在は受けれるのならば手術を受けてみようと気力の面で大きく変化をしています。


その他のがん利用者からの症例報告/2017年04月10日

報告者 51歳 男性
がん種直腸がん
ステージステージ4
診断 直腸がん、2016年2月に発症。初回のがん。
ステージ4。 転移あり、肝臓
症状 直腸は腫瘍のため機能しないので、人工肛門を造設したため、食事も排便も普通にできます。
抗ガン剤は2種類試しました。
一つ目は倦怠感と手足のしびれ。倦怠感。
2つ目は皮膚の出来物、乾燥、息苦しさ、毛がぬける。
病院治療 外科手術 抗がん剤などの化学療法 その他
人工肛門造設、点滴用ポート埋設
抗ガン剤は、分子標的薬がアバスチンからアービタックスへ。
  • 開始前の血液検査血液検査前

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査後

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないふつうある
排便
悪いふつう良い
痛み
あるあるない
治療の副作用
あるあるない

開始後

食欲
ないふつうある
排便
悪い悪い良い
痛み
あるあるない
治療の副作用
あるふつうない

フランDグルコースの感想

フランDグルコース効果か抗ガン剤効果か、相乗効果きはわかりませんが、検査結果は劇的に改善しています。

現在闘病中の方へのアドバイス

フランDグルコースだけという状況ではありませんでしたが、採血結果も、実際のCTでのサイズもよい結果が出ていました。

フランDグルコースについて フランDグルコースについて


その他のがん利用者からの症例報告/2016年04月08日

報告者63歳 男性
がん種膀胱がん
ステージステージ0−1
診断2016年2月に4回目の再発
膀胱がん・ステージ0~1と診断
症状 排尿痛と頻尿に悩まされている
病院治療外科手術
当初より内視鏡による切除手術
5/17からは、1年間インターバルで膀胱内注入によるBCG菌をもちいた免疫療法を予定
  • 開始前のレントゲンレントゲン

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後のレントゲンレントゲン

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ないあるある
排便
悪い良い良い
痛み
あるあるない
治療の副作用
あるふつうない

開始後

食欲
ないあるある
排便
悪い良い良い
痛み
あるないない
治療の副作用
あるないない

フランDグルコースの感想

膀胱ガン再発を繰り返し、今年3月に4回目のオペ。
再発・進行リスクが高いとの判断で、5月より化学療法をスタート
副作用等がかなり激しいと予想されていたが、軽微で1.2日で低減し全く健康体の上、精神的にも安定。
不安解消のためと併行して飲用を始めたフランDグルコースの効果も作用しているものと実感しています。
抗ガン治療副作用予想に比し僅少で、現在健康体維持しています。

現在闘病中の方へのアドバイス

ガン消失・再発解消等は2.3年先までは不明だが、現在不安もなく快適に日々過ごしていけるのは、多少なりとも身体に好影響を与え、確実にガン抑制に働いているものと信じているところです。


その他のがん利用者からの症例報告/2016年07月20日

報告者 81歳 男性
がん種前立腺がん
ステージステージ4
診断 2010年8月に発症
前立腺がん、骨に転移、ステージ4と診断
症状 少し歩くと息切れがひどい。
軽い肺炎を起こしてるため、咳、痰あり
病院治療 抗がん剤などの化学療法。
抗癌剤治療を行って様子を見たが、副作用で、肺炎をわずらい副作用が大きすぎるため抗癌剤治療はもう行っていない。
  • 開始前の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

  • 開始後の血液検査血液検査

    【クリックで拡大表示できます

利用開始前後の症状・体調変化

開始前

食欲
ない ない ある
排便
悪い 悪い 良い
痛み
ある ない ない
治療の副作用
ある ある ない

開始後

食欲
ない ない ある
排便
悪い 良い 良い
痛み
ある ない ない
治療の副作用
ある ふつう ない

フランDグルコースの感想

抗がん剤治療をしていましたが、現在抗がん剤治療が出来ない状況のため治療はしていません。
残念ながらフランDグルコースの効果はでていない現状です。
もう少し早く飲み始めていたらと後悔が残ります。


フランDグルコースについて フランDグルコースについて

研究者・監修医のご紹介


当サイトについて
医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する成分情報を掲載しています。
フランDグルコースの摂取に際して
フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。

また、一般の食品と同様に皮膚症状、呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状などの副作用やアレルギー反応、これに類する何らかの影響を及ぼす可能性があります。