補完医療の可能性を追求するフランDグルコースの研究 全分子フコイダンエキスのシンゲンメディカル株式会社

研究成果の一覧

私たちシンゲンメディカルは、1992年の(現)札幌研究所 所長 高橋延昭による癌幹細胞「H-ras癌遺伝子 W14」に対するヒバマタフコイダンの作用解明以来、一貫して抗がん食品の研究に取り組んでまいりました。

私たちはその研究にあたり、ある一つの約束を自分たちに課しました。それは決してシャーレ上の研究に満足するのではなく、実現可能な経口摂取による検証試験で結果を出せる成分だけを世に出すということです。
その私たちの研究成果の一部をご紹介します。

当サイトについて
医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する成分情報を掲載しています。
フランDグルコースの摂取に際して
フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。

またフランDグルコースには一般の食品と同様に、稀に、皮膚症状や呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状、またはこれらに類するアレルギー反応といった副作用があります。しかしながら今現在これまでに、これら副作用やアレルギー反応などの実例報告はあがっていません。