補完医療の可能性を追求するフランDグルコースの研究 全分子フコイダンエキスのシンゲンメディカル株式会社

ヒバマタフコイダン
細胞死誘導試験

ヒバマタフコイダン50gをTFAで、高分子ヒバマタフコースF-N-1と残りのF-D-1に分解抽出。

さらにF-N-1を100°Cで熱抽出して分解して得た純度の高い高分子ヒバマタフコイダンF-N-2と残りのヒバマタフコイダンF-D-2について癌細胞の細胞死誘導試験を行った。

酸分解による活性分離酸分解による活性分離
細胞死誘導試験結果細胞死誘導試験結果

その結果、高分子ヒバマタフコイダンF-N-1に活性が見られることに加え、さらに純度の高い高分子ヒバマタフコイダンF-N-2に最も活性が認められた。

試験:札幌研究所 所長 高橋 延昭


研究者・監修医のご紹介

当サイトについて
医療従事者の方を対象に、シンゲンメディカルが提供する成分情報を掲載しています。
フランDグルコースの摂取に際して
フランDグルコースとは医療・医薬品ではない食品由来の成分です。そのため公的医療保険や高度先進医療などの適応には属しません。フランDグルコースの研究・検証結果の報告であり効能・効果を保証するものではありません。

またフランDグルコースには一般の食品と同様に、稀に、皮膚症状や呼吸器症状、粘膜症状、消化器症状、またはこれらに類するアレルギー反応といった副作用があります。しかしながら今現在これまでに、これら副作用やアレルギー反応などの実例報告はあがっていません。